ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

仕事のモチベーションを上げる脳内物質「ドーパミン」を増やす11の方法

ドーパミンという言葉は一度は聞いたことがあると思います。ドーパミンはモチベーションを上げてくれる脳内物質の1つです。今回のタイトルを見て、仕事のモチベーションを上げるコツが知りたい、と思った方はぜひ最後まで記事を読んで頂けると嬉しいです。

脳を最適化すれば能力は2倍になる

仕事術について書かれたビジネス書はたくさんありますが、少し切り口を変えたおもしろい本に出会いました。

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法という本です。

f:id:takuya3924:20170709004329p:plain

本書は「精神科医が書いたビジネス書」で、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、メラトニン、アセチルコリン、エンドルフィンという7つの主要な脳内物質をうまくコントロールして日々の仕事に生かすことを目的として書かれてあります。

今回はその中でも日々の仕事のモチベーションの元になる「ドーパミン」についてまとめてみました。

ドーパミンって知っていますか?

みなさん「ドーパミン」って知っていますか?名前くらいは一度は聞いたことはあると思いますが、脳内物質と聞くとなんだか難しそうで詳しくは知らない・・・という方も多いと思います。本書には、ドーパミンは「報酬を」もらって「やる気」を出す物質であると書かれています。

ドーパミンは幸福物質!

ドーパミンは「幸福物質」とも呼ばれ、ドーパミンが分泌された時、僕たちは幸せを感じます。ドーパミン神経系は、欲求が満たされた時、あるいは満たされることがわかった時に活性化し、「快」の感覚を与えます。この快感と「行動」が結びつき、さらなる快感を得ようと、次の行動へのモチベーションが高まります。

ドーパミンの効果は?

ドーパミンが分泌されると、物事に取り組むことにワクワクして、モチベーションが上がっていきます。やる気が出なくて悩んでいる人は、以下に説明する、ドーパミンをコントロールする方法をぜひ実行してみてください。

また、情報処理能力、注意・集中力、計画性などにも大きく影響して、学習・記憶とも深く関わっています。ドーパミンが分泌された状態では、記憶力も良くなります。

簡単に言うと、ドーパミンを出しながら働くことで、仕事が猛烈にはかどるのです。

ドーパミンはどんな時に分泌されるの?

ドーパミンは、目標が実現された時、さらに言えば、目標や計画を立てた時点でも分泌されます。

脳は「報酬をもたらす刺激」によって興奮し、ドーパミンを分泌します。楽しいこと、嬉しいこと、仕事で何かを達成したり、人から褒められたり、人から愛されたり、そうした精神的な報酬によって脳が興奮してドーパミンを分泌します。つまり、脳にやる気を出させるためには意図的に報酬を与えればいいのです。

ドーパミンを分泌させるための7つの方法

ここからは、仕事へのモチベーションを上げる「ドーパミン」を分泌させるための具体的な方法について書きます。

①明確な目標を設定する

実は目標を達成した時だけでなく、「目標を設定したとき」にもドーパミンは出ます。例えば宝くじを買うという行為を例に例えると「宝くじを買った時」と「宝くじが当たった時」の2回、ドーパミンが出ます。宝くじを買うタイミングではすでにワクワク感があるはずです。これと同じように仕事においても「目標を設定した瞬間」のワクワク感からドーパミンが出るのです。つまり、自分でしっかりと目標を設定し、それに向かって努力したり工夫したりする過程でドーパミンが分泌されます。

なので、できるだけそのサイクルを多く回すために「目標を立てる習慣」を作ることが大事です。「短期間で実現可能な具体的な目標」を立てて、その実現を繰り返すことでドーパミンが出続け、最終的に大きな目標を効率的に達成することができます。

目標設定についてはコチラの本がおすすめです♪

②目標を達成した自分をイメージする

目標を設定したときのワクワク感でドーパミンが出るのですから、目標を達成した瞬間を強く具体的にイメージすることでドーパミンがでるのは言うまでもありません。社内で表彰されたり、賞与がもらえたりという具体的な自分をイメージしてみましょう。

③目標を繰り返し確認する

目標をいつでも見れる状態にしておくことで定期的にドーパミンを分泌することができます。ドーパミンというのは長時間、あるいは長期に出続けるものではないので、常に目標を目に見えるようにしておくことで、定期的に補給します。

④楽しみながら実行する

人間の脳は「快」の刺激を受けると、さらにそれを求めようとします。このときにドーパミンが出ます。つまり日々の仕事を楽しい!と思いながら行うことでドーパミン分泌され、よりモチベーションが上がってきます。

⑤目標を達成したら、自分にご褒美を与える

ご褒美を与えられたその瞬間にドーパミンが出まくるのは言うまでもないですが、その体験が記憶されることにより、次の目標達成へのモチベーションが湧いてきます。「次の目標を達成したら、またこのお寿司屋さんに来よう」そんなふうに思ったら、ドーパミン出てモチベーションが湧きます。ドーパミンの好循環ですね。

⑥すぐに新しい目標を達成する

ドーパミンは「もっと、もっと」を好む物質です。より高い目標を設定し続ける限り、ドーパミンは出続け、さらなる高みへ進むことができます。

⑦目標達成のプロセスを繰り返す

目標を設定して達成する。そして快感(幸福)を得る。さらに難しい目標を設定し、それもまた達成しより大きな快感を得る。あとはこの繰り返しです。ドーパミンをうまく出し続けることでどんどん成長の階段を登っていくことができます。

もっとドーパミンを分泌させるための5つの方法

以上が仕事における基本的なドーパミン分泌サイクルですが、これ以外のぷちドーパミン分泌術についても紹介します。

⑧北斗の拳仕事術

ドーパミンはマンネリを嫌い、工夫や変化を好みます。

北斗の拳では、倒す雑魚キャラやボスには強烈な個性があり、「北斗百裂拳」「北斗柔破斬」「北斗残悔拳」など様々な必殺技があります。このように、同じ仕事、同じ目標であっても、いつもと違った方法や手段、アプローチを用いてみるとドーパミンが分泌されます。プロセスに「変化」を入れるだけでやる気が出てきて、仕事そのものが楽しくなり、達成したときの満足度も大きくなります。

⑨ウルトラマン仕事術

ドーパミンは「もっともっと」が大好きです。なのでもっと難しい目標を次々に立てて、それを達成してくことでドーパミンは分泌されるのですが、それが難しいケースもあると思います。そういうときに使えるのが「もっと早く」という目標設定です。

ウルトラマンは3分しか活動時間がないことで、あの圧倒的な強さが引き出されている、と本書には書いてあります。

⑩運動をする

実は、運動をすることでもドーパミンは分泌されます。運動の後だと、身体は疲れてはいるものの、脳は非常にスッキリした状態になっていることが多いです。集中力が切れてくる昼過ぎや夕方の時間に軽く運動をして、その後また仕事を再開するというサイクルを作ってみてもいいかもしれません。

⑪食事でドーパミンを生み出す

ドーパミンは「チロシン」というアミノ酸から生み出されます。また、チロシンからドーパミンを生成するためには、ビタミンB6が必要になります。つまり、「チロシン」と「ビタミンB6」を食事から摂取することでドーパミン分泌を促進させることができます。

チロシンが含まれる食材

動物製品、アーモンド、りんご、アボカド、バナナ、ビーツ、チョコレート、コー​​ヒー、ソラマメ、緑の葉野菜、緑茶など

ビタミンB6が含まれる食材

にんにく、魚類、肉類、酒粕、とうがらし、ピスタチオ、マッシュポテト、抹茶、ごまなど

ちなみに僕は、糖質制限をしていることもあり、毎日の朝食はアボカドとコーヒーです。

ドーパミンを分泌させるサプリメント

以上が、ドーパミンを増やす11の方法でした。最後に、裏技にはなるのですが、直接サプリメントなどからドーパミンを分泌させるのもありだと思います。サプリメントであればオフィスのデスクに置いておいたり、通勤バッグの中に忍び込ませておいて、いつでも服用することができます。ちょっとモチベーションが落ちてきたな・・・というタイミングや、毎日集中力が切れがちな時間帯に服用するといいかもしれません。

おすすめはたっぷく豆

たっぷく豆は、「無添加100%のムクナ豆」を原料にした健康自然食品です。ムクナ豆は他の豆類と同様に、鉄分・タンパク質・炭水化物・脂質・ミネラルを含んでいるのはもちろんのこと、ムクナ豆の成分で際立っているのは、ドーパミンの直接の原料になる「Lドーパ」、同じくドーパミンのもとになる必須アミノ酸「フェニルアラニン」、アミノ酸「チロシン」と「鉄分」です。そのムクナ豆を粉末にして食べやすくした「たっぷく豆 こがね散」はコーヒーやお茶などに混ぜて飲むことができ、手軽に摂取することが出来ます。お試し用の少量サイズもあるので試し易くなっています。しかも送料無料です。

ドーパミン不足を解消するたっぷく豆

Amazonで買えるサプリメント

上でも書いたように、ドーパミンはチロシンとビタミンB6によって生成されるため、こちらのサプリメントをそれぞれ摂るのもよいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ドーパミン仕事術を身につけて、どんどん高い目標にチャレンジし、達成し、「幸福の連鎖」を生み出していきましょう!