ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

強みを活かせばいいと思っている人へ

f:id:takuya3924:20181231204013j:plain

組織で働く上で一番必要なのは「貢献」をすること。

やりたいことをやる、得意なことをやる、などは貢献のためのたくさんある選択肢のうちの1つの手段でしかないと思っています。

よく組織の中にいると「強みを活かせばいい」と言っている人がたくさんいますが、それはしっかりと組織に「貢献」ができる場合に限ります。

組織に必要なことをやる

単に「強みを活かす」と言っても、それが組織が目指す成果に貢献できるようなことでないと意味はありません。

その時の状況によって組織にとって必要なことは常に変わります。

自分がエンジニアだからといって、サービスが全く売れないのであれば、企画チームにまわることも営業をしないといけないこともあります。

自分の得意な領域だけをいつもやっていればいいというわけではありません。

僕たちはイベントをよく行っているのですが、集客などは最たる例。スタッフ全員で集客を頑張ろうとしているのに、自分の役割はこれだから、集客は苦手だから、と言って向き合わない人がいれば、結局組織として成果を出すことは難しくなります。

必要とされる人間になる

どんな組織でもどんな状況でも、自分の役割や仕事をフレキシブルに調整しながら、その時「一番必要なこと」にフォーカスして貢献し続けられる人が最も組織に必要とされる人です。

1つのスキルや自分の好き嫌いだけに左右されて仕事を選んでいると、その仕事がなくなった場合や今は必要ない場合に、その組織で活躍することはできません。

常に自分の役割と仕事を見つめ直す