ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

25歳になったので、これまでの人生の転機を振り返ってみる

先日、9月24日に25歳の誕生日を迎えました。25年というと四半世紀になります。まさかこんなに早く25歳を迎えるなんて思っていなかったですね。笑

せっかくなのでこれまでの25年間で僕の人生におきた転機を振り返ってみます。

f:id:takuya3924:20161010004327p:plain

滋賀県に生まれた

ぼくは滋賀県(というか関西)に生まれたことをすごくありがたく思っています。独特のボケとツッコミの文化や、言いたいことをズバッと言える空気感など、今の僕のアイデンティティは関西に生まれたからこそあるものだと思います。

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

野球を始めた

オトンの影響で10歳くらいから野球(主に巨人戦)を見始めて、小学校6年生で野球を始めました。2000年の9月24日、自分の誕生日に巨人の奇跡的な優勝シーンを目にしたり、2001年に滋賀県の近江高校が甲子園で準優勝したりと、「野球選手ってむっちゃかっこええやん!」と思っていたことを覚えています。実は2002年の日韓W杯もありサッカーと迷っていたんですが、当時の僕は早くからメガネをかけていたこともあって、野球を選択しました。

www.urakawatakuya.com

結局高校までは野球を続け、いい経験も苦い経験もたくさんさせてもらいました。趣味としては、今も観戦を中心に野球を楽しんでいます。だれか一緒に野球見に行きませんか?

中学受験をした

小学校6年生のときに、滋賀県にできたばっかりの公立の中高一貫校を受験しました。既存の公立高校に中学校が併設された形で僕の代は2期生だったので、入学時には中1、中2、高1、高2、高3という5学年の学校です。

僕はそれなりに勉強はできたので、とりあえず興味本位で受験をしてみました。小さい頃はガキ大将で、チヤホヤされたい欲がすごかったので親に言われたとかではなく自分の意志で受験しました。モチベーションはとりあえずすごいって言われたいってだけです。結果アッサリ合格して、地元の友達と離れるのがすごく嫌でしたが「せっかく受かったのだから」と思いその学校に入学することに決めました。

それまでずっとやんちゃをしてきた僕にとっては全く刺激がなく、正直つまらなかったんですが、高校卒業までそれなりに高いレベルで勉強を続けることができた、という点だけに限っては受験をしてよかったなと思っています。型にはめようとする教育方針を反面教師として「人と違うオモロイことをしたい」と強く思うようになったのも、逆説的ではありますが中学受験をしたからですね。

友人が自殺した

高校1年生のときに、小学校時代の友人が自殺をしました。当時はすごくショックで15歳の少年にはなかなか受け入れられない事件でした。時間が経って少しずつ消化していくうちに「人生はいつ何が起こるかわからない」ということを強く感じ、「限られた人生、やりたいことをやろう」と考えるようになりました。

実は命日が僕の誕生日の前日なので、毎年誕生日を迎える度にこのことを思い出します。また、中学受験以来少し疎遠になりかけていた小学校時代の友人たちと定期的に集まるきっかけにもなっています。

彼の分まで精一杯生きよう。

大学受験で現役合格した

大学は大阪大学を受験しました。目標に向かって努力して成果を出す、というのはこれが初めての経験でした。勉強は正直苦痛ではなく、ピーク時では毎日10時間の勉強でさえも楽しくできました。この時の取り組み方やPDCAの回し方などは今にも生きているように思います。

ちなみに当時描いていた進路は、数学教師になるか、ソニーに入ること。

バイトをした

学生時代には色々バイトをしたのですが、ユニクロでは色んなことを学びました。詳しくはこちらの記事に書いてあるのでぜひ読んでみて下さい。

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

世界一周をした

大学4年生を休学して世界一周をしました。実は初海外での世界一周だったのでビビりまくっていましたが、「おもろそう」「なんかかっこいい」という単純な理由で出発。世界一周自体で人生が変わったとかそういう大げさなことは正直ないんですが、世界一周があったからこそその後色んな経験ができてそれが今の僕の血肉になっています。

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

でかいイベントを成功させた

世界一周から帰国後、世界一周団体TABIPPOという謎の団体に出会って、大阪で一緒に2000人規模のイベントを成功させました。50人以上のチームを率いて、意味もわからないイベントをゼロから作り上げた経験は人生のハイライトの1つですね。そしてまさか将来その団体が会社になって、自分がそこで働いているなんてことは思いもしませんでした。

この年末年始にも同様のイベントがあるのでぜひお越し下さい!

2017.tabippo.net

就職した

大学卒業のタイミングで東京の人材系のベンチャーに就職しました。それはもうイケてる会社で、事業や会社の成長性とかはもちろんなんですが、マインド面やビジネスパーソンとしてのあり方といった社会人としての基礎をかなり高いレベルで学べる環境でした。最近上場を果たし、個人的にかなり刺激を受けています。負けないように頑張らねば。

転職した

学生時代の関係もあって、今はTABIPPOにカムバックしました。何の仕組みもない思いだけのゴリゴリのスタートアップですが、なんとか世の中にインパクトを与えるべく日々頑張っています。

今後について

もちろん今の仕事の状況次第ではありますが、今後は関西に戻りたいなと思っています。具体的には地元の滋賀県を盛り上げたいなあと。あとは海外にも住んでみたいなあとも思っていたり。色々とやりたいことを仕掛けていければなあと。