ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【北アルプス縦走】槍ヶ岳~北穂高①上高地は最高のハイキングコース!

こんにちは北アルプスの少年タクヤです。 久しぶりのブログ更新です!

登山に行ってきましたよ!念願の北アルプス!初めての北アルプス!ヨロレイヒー!ということで今回は全4回くらいにわけて北アルプス縦走の様子をお届けします!

今回の縦走コースは槍ヶ岳~北穂高。

槍ヶ岳は標高3,180mで日本第5位。

北穂高岳は標高3,106mで日本第9位の山です。

槍ヶ岳と穂高と言えば山が好きな人に知らない人はいないほどの名山です。もちろん、日本百名山にも選ばれています。

集合は平湯温泉!!

槍穂高登山の入り口は長野県の観光名所、上高地。しかし、上高地へはマイカー利用が規制されていて公共交通機関でしか行けません。なのでバスか電車で現地入りすることになります。詳しくは上高地へのアクセス | 上高地公式ウェブサイトをご覧あれ!

マイカーで来る人は沢渡か平湯に車をとめて、そこからタクシーかバスで上高地入りします。

しかし、今回ぼくは新宿からバスで平湯に行って、そこからまたバスで上高地まで行きました。

というのも東京からバスで上高地まで行く場合、平湯を経由したほうが安いからです。新宿→上高地までのバスは7,400円。新宿→平湯までのバスは5,800円。平湯→上高地までは往復2050円。しかも新宿→平湯のバスは往復購入すると割引があるので、平湯を経由して上高地まで入ったほうがおトクなんです。

とはいってもせいぜい1~2000円くらいの金額なので小さいことは気にしない人は上高地まで直行しましょう。ただ、今回僕は関西から車で来たメンバーと一緒に登る予定だったので、一旦平湯に行くことにしました。そして登山はできるだけ荷物を軽くしていきたいので、行き帰りの服など、車に余計な荷物を置いていけるという意味でも平湯がベターでした。

みんなで荷物を詰め込んで、上高地へ向かいます!!

f:id:takuya3924:20160727230546p:plain

f:id:takuya3924:20160727230607p:plain

ちなみに浦川の相棒はグレゴリー。

f:id:takuya3924:20160727234610p:plain

海外旅行にも持っていくパートナーです。バックパックにはかなり重いものを入れて歩くことが多いのでしっかりとしたものを選ぶのをオススメします。少し値段は張りますが僕のおすすめはグレゴリーかミレー。腰ベルトの強さと肩の背負いやすさが全然違います。

そして登山に欠かせないサブバッグにはテールメイトを。テントにバックパックを置いて山頂アタックや散歩をする際に使えるのがサブバッグ。水筒、タオル、手袋、サングラス、携帯やコンデジなどが入れば十分です。テールメイトは大きさも見た目もばっちりで、カッコイイですよ!

上高地は老若男女に人気の避暑地!

バスに乗って上高地へ着きました。時間は朝の6時くらい。かなり涼しいですね。

f:id:takuya3924:20160727231014p:plain

早朝から登山客で賑わっています。

f:id:takuya3924:20160727231146p:plain

こんな感じのオシャレなおみやげ屋さんもありますよ。

f:id:takuya3924:20160727231224p:plain

朝ごはんに豚汁を頂きました。

f:id:takuya3924:20160727231324p:plain

そして、いざ出発!!

最初の見どころは河童橋

上高地最初の見どころ、河童橋を目指して歩きます。とはいってもバス停から400mほどのところなのですぐに着きます。

f:id:takuya3924:20160727231351p:plain

着きました!普通の橋です!!笑

f:id:takuya3924:20160727231610p:plain

とりあえずメンバーみんなで記念撮影。

f:id:takuya3924:20160727231632p:plain

ちなみに、オークリーのサングラス、デビューしました。サングラスといえばレイバンとオークリー。僕はサングラスが好きで4本くらい持ってるんですが、街中ではレイバン、アウトドアやスポーツではオークリーを使い分けています。

ひたすら歩く!

ここからはひたすら歩きます!とはいってもまだまだ登山という感じではなくただのハイキングコース。軽装の日帰りのお客さんもたくさんいました。

f:id:takuya3924:20160727231824p:plain

ちなみに足のお供はモンベルのティトンブーツ。

登山靴には「必ず」ゴアテックスのものを選んで下さい。ゴアテックスブーツなら川を歩いたり雨が降ってきてもまったく動じません。特にモンベルのティトンブーツはゴアテックスブーツの中でも軍を抜いて安いです。登山靴を初めて買おうと思っている人はまずはこれがオススメです。

ソックスはまず分厚くて丈夫なものを選んで下さい。登山では死ぬほど歩くので薄い靴下だと足がつかれてしまうのと、登山靴が足にフィットしにくくなります。また足をくじきにくくするサポーター効果もあるのでくるぶしよりも長いものを履きましょう。

川越しに望む北アルプスの山々。

f:id:takuya3924:20160727231801p:plain

登山道をめざしてひたすら歩きますよー。

f:id:takuya3924:20160727231737p:plain

写真じゃわかりづらいですが、とにかく水がきれいなんです!!

f:id:takuya3924:20160727231927p:plain

f:id:takuya3924:20160727231946p:plain

飲めます。

f:id:takuya3924:20160727232333p:plain

明神池を目指します。

しばらく歩くと看板が。

f:id:takuya3924:20160727232519p:plain

岳沢ではなく明神池を目指します。槍ヶ岳に登る人は明神池方向に進んで下さい。

f:id:takuya3924:20160727232458p:plain

前穂高、奥穂高方面に行く人は岳沢へ行くみたいですね。

f:id:takuya3924:20160727232835p:plain

大砲のような木を発見。

f:id:takuya3924:20160727233012p:plain

ちょっとずつ山っぽくなってきました。

f:id:takuya3924:20160727233106p:plain

河原があったので少し休憩。やはり水がきれいすぎる。

f:id:takuya3924:20160727232758p:plain

f:id:takuya3924:20160727232810p:plain

そして、明神池に到着です

何かが祀られてるようです。

f:id:takuya3924:20160727233206p:plain

明神池に入るにはお金がいるみたいなので外から覗いてスルーしました。

f:id:takuya3924:20160727233251p:plain

次は徳沢を目指そう!

明神を過ぎたら次は徳沢を目指して歩きます。

f:id:takuya3924:20160727233355p:plain

f:id:takuya3924:20160727233414p:plain

f:id:takuya3924:20160727233429p:plain

花もちらほら咲いてます。

f:id:takuya3924:20160727233442p:plain

f:id:takuya3924:20160727233504p:plain

絶景!!

f:id:takuya3924:20160727233525p:plain

そして、徳沢に着きました!!ここではキャンプを楽しむお客さんで賑わっていました。川辺で山の望みながらのキャンプ。また家族や友達と来たいです!

f:id:takuya3924:20160727233618p:plain

登山口のある横尾へ

徳沢からもう少し歩いて、横尾まで行きます。ここが槍ヶ岳の登山口になります。

f:id:takuya3924:20160727233819p:plain

横尾に着きました。上高地から11km歩いてきました。

f:id:takuya3924:20160727233838p:plain

槍ヶ岳までも11kmなのでちょうど半分!と思ってはいけませんよ。なんせここからは過酷な登山道なのですから。

横尾には山荘もあって美味しいご飯を食べたり、おみやげや軽食の購入もできます。ちなみにきれいな水道もあるので川の水に抵抗のある人はここで水分の補給もできますよ!

f:id:takuya3924:20160727234055p:plain

f:id:takuya3924:20160727234156p:plain

ガチな登山客も増えてきましたね。ここから槍ヶ岳な登山が始まります。

f:id:takuya3924:20160727234041p:plain

いざ、憧れの槍ヶ岳を目指して。続きは明日!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com