ウラタクブログ

渋谷のベンチャーで働く、20代中堅社員のブログ

【読書メモ】Google流 疲れない働き方

f:id:takuya3924:20190605094646j:plain

久しぶりの読書メモ更新です。

読書に関しては色々とブログに書いているのでぜひ読んでみて下さい。

👉【保存版】新社会人や内定者、インターンにおすすめのビジネス本23選 - ウラタクブログ

👉【年間100冊】「戦略読書」で今読むべき本の量と種類を知り、読書法の基本を身に着けよう - ウラタクブログ

👉【電子書籍論争】紙の本もKindleも両方使っている僕がおすすめする、使い分け読書術 - ウラタクブログ

👉【完全保存版】選び方からまとめ方まで徹底解説!読書術の本7冊から学んだ、僕が実践しているおすすめの読書法 - ウラタクブログ

Google流 疲れない働き方

今回読んだ本は、元Googleピープル・ディベロップメントのピョートル・フェリークス・グジバチさん著の「Google流 疲れない働き方」です。

Google流 疲れない働き方

Google流 疲れない働き方

1.体のエネルギー

2.感情のエネルギー

3.集中のエネルギー

4.生きることの意義からくるエネルギー

この4つを整えて、疲労をためず、生産性高く最大のパフォーマンスを出すというテーマで書かれている本です。

その他にも名著多数

ピョートルさんはその他にもたくさん名著を出していて、Googleで学んだ経験を元に働き方について書かれている本が多いです。

中でもいいものを紹介します。

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

世界最高のチーム グーグル流「最少の人数」で「最大の成果」を生み出す方法

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち

0秒リーダーシップ

0秒リーダーシップ

時間のマネジメントから「集中力」のマネジメントへ

何かの作業に没頭していて、気づくと何時間も経っていた。そういう状態のことを心理学用語で「フロー」と呼びます。フロー状態のときには意識が最適化されて最高のパフォーマンスを発揮でき、生産性の高い仕事をすることができます。この本では、いかにしてそういった「フロー状態」を作るのかについて書かれてあります。

集中しやすい環境を確保する

・カフェ、会議室など、自席ではないもう一つの自分の場所を作っておく。

・姿勢と呼吸を整える。気分や時間によって机の高さを変えてみたり、姿勢を意識して直してみる。

・音楽で自分だけの環境を作る。

マインドフルネスの習慣を取り入れる

・電車移動中の何もできない時間は瞑想

・MTG時は会議室に3分前に入り瞑想

・歩くときは、深呼吸をしながら頭から足先まで呼吸と筋肉を意識して感じる。

疲れず生産性を上げる「エネルギー」と「感情」のマネジメント

仕事をしていると自分の中にも波があります。やらなければいけない仕事や場所によってエネルギーの使い方も変わってきます。

・必要なエネルギーの方向性

・自分のエネルギー状態

・場所

に応じてやる仕事を柔軟に決めていく意識を持つのが大切。

必要なエネルギーの方向によってスケジュールを決める

資料作りなのか、人と会ってミーティングなのかで使うエネルギーは違う。仕事の種類によって最適なスケジュールを入れる。

場所に合わせて仕事をする

電車ではメールチェック、資料作成は会議室で、など。

スプリントでメリハリをつける

マラソンのようにゆっくりダラダラと仕事をするのではなく、時間を決めて一気に仕事を終わらせ、その後は休憩をする。

休むときはメールを見ない

休暇や業務時間外やメールやチャットを見ず、しっかりと休む

確実に自分をチャージする食事・睡眠・運動の習慣

健康の土台となるのは食事

・「とりあえずビール」はやめる

・飲み会や食事会は自分から開き、店を決める

仮眠はパフォーマンスアップ

寝る1時間前はスマホを見ない。同じ時間に起床する。

運動の時間が取れなければ、仕事の合間に運動をする

会議の合間にスクワットをしてみる、移動では階段を使うなど。

参考記事👉最近、健康のために習慣化している10個のこと - ウラタクブログ

まとめ

今すぐできる習慣がたくさんあったので、できることから取り入れます。

・集中して作業をしたい時間は会議室にこもる

・休むときはメールを見ない

・とりあえずビールをやめる

・集中が切れたらオフィスで筋トレをする

この辺は簡単にできそうなのですぐに実践します。

Google流 疲れない働き方

Google流 疲れない働き方