ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

人見知りで初対面の人と話すのが苦手な人は、自己紹介用の名刺を作るといいかも?

f:id:takuya3924:20190103193627p:plain

新年なので気合いを入れて本を読むぞ!!と意気揚々と地元のスタバに繰り出して、最近話題の本「メモの魔力」を読んでいたときのことでした。

www.urakawatakuya.com

急に一人の青年に話しかけられたのです。

「たかだか同じ本を読んでいただけで、わざわざ話しかけてくれるなよ。」

正直ぼくはこう思いました。

人見知りが初対面の人と話すのはすごくストレス

僕と直接会ったことがある人はよく知っていると思いますが、僕は極度の人見知りで初対面の人とうまくコミュニケーションを取ることができません。

見た目や目つきもよくないので、向こうから好感を持たれることも少ないですし、そもそも知らない人にこちらから好感を持つこともありえません。

なので今回のように「たまたま同じ本を読んでいたくらいで」いきなり話しかけられるのはすごくストレスなんですよね。

損していることが多い

でもこの歪んだ性格によって損していることが多いなというのは重々自覚しています。

僕だって色んな人と仲良くなりたいし、自分のことをさらけ出せればいいなとは思っています。今回の出会いがきっかけで新たな人脈が広がったり、人との出会いが人生を豊かにすることにもかなり納得しています。

ただ、苦手なんです。

この変な性格によってかなり損していることが多いなーと感じることは正直すごくよくあります。

せめて自分のことを知ってもらうくらいはできるようになろう

そして今回思ったのは、初対面の人にどうすれば効率よく自分のことを知ってもらえるのか?ということです。

相手には興味はないし、付き合ったら得するのかどうかもわからない。

ただ、先に自分のことを知ってもらった上で、相手が判断してメリットがあると思ってもらえるような人であれば関係値を深める価値があるのではないか?と考えました。

自己紹介ができる名刺を作ろう

そこで思いついたのが名刺です。

ビジネスの現場で出会う人達に対しては名刺を渡して、自分の会社や日々やってる仕事のことを説明します。

これを「個人」にフォーカスしてそれを見れば自分のことがだいたい分かるような自己紹介カードを作ればいいのでは?

それがあれば自分の力に頼ることなく、苦手な自己開示が簡単にできるのではないか?と考えました。

ということで、さっそく自分の自己紹介名刺を作ってみようと思います。

名前だけでなく、出身や趣味、SNSやこのブログのことなどがまとまっていれば自分のことを簡単に、モノを通して伝えられるような気がします。

また客観的なモノを介することで自己紹介のテンプレートも定まり、何度も同じフォーマットで話すことで人見知りの自分でも簡単に自分のことを話せるようになる気がします。

これはそういえば僕が世界一周中に使っていたノウハウでもありました。英語でたくさんのことを説明するのは難しいから、外人に自分のことを説明する用の英語フォーマットを作っていたのです。

まとめ

いかがでしたか?

今年は人見知りなりに、この方法を通して、新しい出会いと向き合っていきたいなと思います。

2019年の目標は、この新しい名刺を200人に配ることにします。

これまでそっけなく接してしまって1回きりの出会いになってしまっていた方も、本当は仲良くなりたいと思っているので、ぜひまたどこかでご一緒できれば、優しく話しかけてください。

また名刺が完成したらそれについて記事を書きたいなと思います!