ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【本の読み方】本はかばんに入れずに手に持って、歩きながら読むべし

ここ半年くらい、読書をすることが多くなりました。しかし読もうと思った本がなかなか消化されずに積読が溜まっているというのも事実・・・。

しかし、最近良い読書方法を見つけたので紹介します。

それは

「本を手に持って歩くこと」

です。

f:id:takuya3924:20160528134416p:plain

スキマ時間に読書をしよう!

最近僕がやっているのは「スキマ時間に読書をする」ということ。もちろん家かカフェで読んだりすることもあるんですが、最近はスキマ時間を使えるようになりました。

スキマ時間とは具体的には

電車の中

歩いているとき

ランチタイム

などです。

こんな経験ないですか?

スキマ時間に読もうと思ってもなかなか読めない、そんなあなた。次のような経験はないですか?

電車でいつも寝てしまう

用もないのにスマホチェックしてしまう

本が何冊もカバンに眠ったまま

などなど。実は僕はずっとこの状態に陥っていました。とりあえず電車で座る場所を見つけ、一息ついてスマホをいじる。FBチェックしたら読書でもしようか・・・思っていたら寝ていた。目的地に到着していた。なんてことはないですか?

本はかばんに入れずに手に持って歩こう!

なかなか本を読みたくても読めないあなた。まずはカバンから本を出して手に取りましょう!それだけで世界は変わります。

歩きながら本を読もう!

歩いてる間って何をしてますか?おそらく大体の人がスマホをいじるか何もせずただ歩いているかのどちらかだと思います。この時間って案外多いですよね。

歩きながら本を読む人ってなかなか見かけません。でもそれはやってる人がいないだけで、実は案外読めるもんなんです。例えば信号で止まるときや駅のエレベーターに載っている時、ホームで電車を待っている時など、その場で止まっている時間って結構あります。そのときに本を手に持っていたらすぐに読書ができますよね?

おそらくいつもは目的もなくスマホをいじっているはずです。

まずはこの「止まっている時間」を有効活用してみましょう。慣れてくると歩きながら、動きながらでも読書ができるようになります。

電車で本を読もう!

歩きながら、電車のホームで本を読む習慣がついてくると、絶対に電車の中でも読めるようになります。 理由は2つ。

「脳が本を読む態勢になっているから」 「続きが気になるから」

です。 何かを始めるのに最も大事なのは最初の一歩を踏み出すこと。そしてそれは結構ハードルが高いです。なぜなら人間は安定を求める生き物だから。「本を読む」という動作を始めることですら人によってはハードルが高いです。僕は「カバンから本を取り出す」ということへのハードルが非常に高かったみたいです。

しかし、歩き読書をしていると、電車で本を読むことはさっきまでの動作の続きなので実行のハードルは下がりますし、さっきまで本を読んでいたのでその続きが気になっていると思います。特に気になっていないとしても、「この章だけは読んでしまおう」という気持ちになることはあると思います。

ランチで本を読もう!

1人でランチに行くことって結構あると思います。そんなときは財布をポケットに入れて、手には本を持って行きましょう。ランチの待ち時間は5~15分くらいはあるはずです。そして食べながらもペラペラページをめくりながら本を読むこともできるはずです。社会人であれば1時間くらいのお昼休憩のうち、少なくとも20分くらいは読書に充てることができるのではないでしょうか。

スキマ時間は結構ある!

歩きながら、電車で、ランチで読書。通勤時間などにもよりますが、これをやるだけでおそらく毎日1~2時間くらいは読書の時間が確保できるのではないでしょうか。

僕も実際この習慣を始めてから読書の時間(実はスピードも)が飛躍的にアップしました! まずはカバンから本を出して手に持つことから始めてみましょう!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com