ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【奥秩父】東京から日帰りで行ける百名山「金峰山(2,599m)」行き方・ルート・写真25枚で紹介

山梨県の奥秩父にある金峰山に行ってきました。今回は会社のメンバーと、パートナー企業の方と男4人登山です。

山小屋やテント場などもあったのですが、今回は東京からの日帰りで行ってきたので、その時様子を紹介したいと思います。

登った日:2018/07/16

天気:晴れ

人数:4人

日帰り

今回のポイント

今回の登山のポイントを先にまとめておきます。ピンと来る方はぜひ登ってみて下さい!

①東京から日帰りで行ける百名山であること

②初心者でも比較的登りやすい2,500峰であること

③富士山、八ヶ岳、南アルプスなどの景色がすばらしいこと

金峰山について

金峰山の読み方ですが、山梨県ではきんぷざんと読み、長野県ではきんぽうざんと読むそうです。

金峰山の標高は2,599m。甲府市・北杜市・長野県川上村またがり、奥秩父の盟主と呼ばれています。山頂のにある五丈岩は遠くからでも目にすることができまさにシンボル。八ケ岳、富士山、南アルプス、浅間山の展望は絶景です。

f:id:takuya3924:20180720001714j:plain

登山口は山梨県側の北社市増冨温泉、甲府市黒平、山梨市牧丘町の大弛峠、長野県側の川上村廻り目平などがあります。今回は瑞牆山荘(みずがきさんそう)の登山口から出発しました。

金峰山、瑞牆山荘へのアクセス

今回は東京の渋谷から車で行きました。午前3時に渋谷を出発し、約2.5時間後に登山口に到着。朝6時から登山開始のプランです。

公共交通機関では、韮崎駅からバスで70分。時間などは季節によって変わるそうなので調べてから行って下さい。

金峰山の登山ルート

コースタイムはこちら。

瑞牆山荘 ---(2分)--- 県営無料駐車場 ---(50分)--- 富士見平小屋 ---(60分)--- 大日小屋 ---(30分)--- 大日岩 ---(110分)--- 金峰山 ---(80分)--- 大日岩 ---(20分)--- 大日小屋 ---(45分)--- 富士見平小屋 ---(40分)--- みずがき山荘

朝6時に出発し、14時に下山しました。

金峰山登山の様子を写真25枚で振り返る

f:id:takuya3924:20180720102648j:plainf:id:takuya3924:20180720102511j:plainf:id:takuya3924:20180720102530j:plainf:id:takuya3924:20180720102619j:plain
序盤はこんな道が続きます

f:id:takuya3924:20180720102758j:plainf:id:takuya3924:20180720102723j:plainf:id:takuya3924:20180719221712j:plain
徐々に坂道が急になり、ハードな道に・・・

中間地点の大日小屋を発見。こちらは避難用の小屋です。

f:id:takuya3924:20180719221726j:plain
中間地点の大日小屋

f:id:takuya3924:20180720102705j:plain
木と木の間から見える瑞牆山

f:id:takuya3924:20180720103016j:plainf:id:takuya3924:20180720102816j:plain
しばらく行くと尾根に出て、富士山が見えます。

ここからはひたすら絶景が続きます。

f:id:takuya3924:20180720102833j:plain
くっきりとみえる富士山

f:id:takuya3924:20180720102907j:plain
南アルプスの山々

f:id:takuya3924:20180720102924j:plain
こちらは八ヶ岳

f:id:takuya3924:20180720103000j:plain
岩壁の横から見える富士山

f:id:takuya3924:20180720104614j:plainf:id:takuya3924:20180720103034j:plainf:id:takuya3924:20180720103051j:plain
稜線をずっと歩いていきます

ついに山頂に着きました!

f:id:takuya3924:20180720103107j:plainf:id:takuya3924:20180720104724j:plain
山頂の様子

後ろに見えている大きな岩が金峰山のシンボル五丈岩(ごじょういわ)です。

f:id:takuya3924:20180720103124j:plainf:id:takuya3924:20180720104814j:plainf:id:takuya3924:20180720104831j:plain
五丈岩

帰りは富士見平小屋のきのこうどんでランチをして、帰路に着きました。

f:id:takuya3924:20180720105350j:plain
富士見平小屋のきのこうどん

まとめ

いかがでしたか?もう一度ポイントをまとめると、以下になります。

①東京から日帰りで行ける百名山であること

②初心者でも比較的登りやすい2,500峰であること

③富士山、八ヶ岳、南アルプスなどの景色がすばらしいこと

最後に今回活躍したグッズをピックアップしてまとめておきます。

パタゴニア バギーズショーツ

今回履いていたのはパタゴニアの定番・バギーズショーツです。僕はお気に入りすぎて3着を着回しています。

ショート丈とロング丈がありますが、個人的には膝上で履けるショート丈がおすすめ。登山のような上下の動きをするときにまったく邪魔になりません。

f:id:takuya3924:20180720110729j:plain

オークリーのサングラス LATCH

サングラスはLATCHが断然オススメ。フィット感、軽さ、かっこよさ、全てが好み。実は過去に2個色違いのサングラスを無くしてしまったのですが、毎回買い直すのはこのLATCHです。

モンベルのマット

僕は登山にこのマットをいつも持っていきます。途中の休憩地点での座布団にしたり、山頂についたら地面に広げて昼寝に使ったり。テン泊やキャンプシーンでも大活躍なのでアウトドア好きはぜひ使ってみて下さい。サイズは180cmのものを使ってますが十分です。

それでは快適な登山ライフを!!!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com