ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【Instagram】パソコンからインスタグラムに予約投稿ができる「Later」の使い方と、アプリを使わず完全に自動で投稿するやり方を解説します

f:id:takuya3924:20181016094641j:plain

個人/企業アカウントを問わず、Instagramを運用している人はかなり増えてきています。ストーリーやIGTVなど様々な機能が追加されている昨今ですが、ブランディングがかなり大切なインスタアカウントでは、通常の投稿(ポスト)機能もかなり大切になってきます。

僕も実際にインスタの登山用のアカウントを作って運用を始めました。

(ぜひフォローしてね!)

しかしやはり運用で大変なのは定期的に投稿をすることではないでしょうか?そこで今回は僕がInstagramの予約投稿で利用しているツール「Later」を紹介します!他にも様々なツールを使いましたが、結局これに落ち着きました。

要点まとめ

・Instagramの予約投稿なら「Later」がおすすめ ・無料プランでも毎日投稿が可能! ・投稿を完全に自動化させるにはInstagramの「ビジネスプロフィール」

Instagramの公式アプリでは予約投稿ができない!

例えばビジネスマンやOLをターゲットにした投稿やアカウントの場合、みんなが働いている午前中よりも、お昼休みのスマホを触る時間帯に投稿したほうがアクセスが多くなることが予想されます。学生向けなら夕方がいいかもしれません。しかし自分はなかなかその時間帯に時間を取って投稿を作ることができない・・・。そこで考えるのが予約投稿です。

Instagramの公式アプリには予約投稿の機能が備わっていないので、今回紹介するLaterを使って予約投稿を行います。

Instagramの予約投稿にはLaterがおすすめ!

Instagramにはもともと予約投稿や自動投稿の機能が備わっていないため、Laterを始めその他のツールを利用しても、実は自動で投稿を行うことはできません。正確には、予約投稿しておいた時間になるとスマホにリマインドが来て「投稿」のボタンを押すと予約していた写真やハッシュタグ、投稿文で投稿が行われるという仕組みです。

投稿まで完全に自動化したい人はそのやり方も最後に書いてあるのでまずはLaterの使い方や利用できる機能から順番に見ていきましょう。

Laterの使い方①まずは登録

登録はInstagramのアカウントのIDとパスワードを入れてログインするだけで簡単。

このURLから登録をすると、無料プランで30投稿/月まで可能なのが+10投稿増えるのでぜひこちらからご登録下さい。

https://later.com/r/5de2ce

Laterの使い方②写真をアップロード

写真をアップロードする方法は3つ。

・DropboxかGoogle Driveから写真を直接アップロードする

・PCからドラッグ&ドロップでアップロードする

・スマホのLaterアプリにスマホの写真をアップロードする

f:id:takuya3924:20181016084601p:plain

同時に何枚もアップロードできるので、今後投稿したい写真はとりあえず入れておきましょう。

左のMedia Libraryをクリックするとアップロードした写真が一覧で出てきます。ここにアップロードした写真はずっとLaterの中に保存され、いつでも呼び出して投稿に使うことができます。つまりストックフォトの機能も備わっているということですね!

f:id:takuya3924:20181016084658p:plain

ここにアップロードした写真はずっとLaterの中に保存され、いつでも呼び出して投稿に使うことができます。つまりストックフォトの機能も備わっているということですね!

Laterの使い方③写真を編集して投稿する

投稿はCalendarの画面から行います。予約投稿をしたい写真をピックアップして下さい。

f:id:takuya3924:20181016085225p:plain

Create Post をクリックして写真の編集に移ります。

f:id:takuya3924:20181016085350p:plain

僕は統一感を出すためにいつもSquare Cropで設定しています。

f:id:takuya3924:20181016085448p:plain

画像の編集が終わったら、投稿文やハッシュタグを入力し、予約投稿したい時間帯を指定してSaveを押せば予約完了です。

f:id:takuya3924:20181016090010p:plain

予約した投稿はこんな感じでCalenderから直感的に見ることができます。投稿をマウスでドラッグするだけでスケジュールの修正も簡単。

f:id:takuya3924:20181016090818p:plain

Laterの使い方④時間になったらスマホアプリから投稿をする。

ここが唯一めんどくさいところです。

最終的な投稿にはLaterのスマホアプリが必要なのでインストールして下さい。

時間になったらスマホにリマインダーが飛んでくるので、そこからアプリを開いて「投稿」を押すと予約した内容で投稿されます。ただしその時間にスマホを触っている必要があり、最後のこの作業は「手動」なので完全に自動投稿はできません。

そこで「完全に自動で」投稿までを行うやり方を紹介します。

それはズバリ、Instagramビジネスアカウントを使用することです。

Laterの使い方⑤Instagramアカウントをビジネスプロフィールに切り替える。

結論から言うと、Instagramのアカウントをビジネスプロフィールに切り替えると最後のスマホアプリからの投稿の必要はなく、予約しただけで勝手に投稿まで行ってくれます。

ビジネスプロフィールへの切り替え方

Instagramの設定画面にいきます。

f:id:takuya3924:20181016091721p:plain

「ビジネスプロフィールに切り替える」を押して下さい。 f:id:takuya3924:20181016091749p:plain

そのまま進むと、Facebookページとリンクするかどうかを聞かれるので、なにか特定のFacebookページとリンクしたい方はそのアカウントを選択。特にない人はスキップを選択して下さい。

あとは必要なプロフィール情報を登録すると切り替えが完了です。 特にお金がかかるわけでもなく、「インサイト」と呼ばれる、投稿がどれだけ見られたかなどを分析するツールも利用可能になるのでデメリットは何もありません。

Laterの使い方⑥自動投稿の設定をする

③に戻ります。ビジネスプロフィールに切り替えると、予約投稿を完了する前にここを「Auto」に変えることができます。

f:id:takuya3924:20181016092533p:plain

このままSaveを押すだけで、スマホから手動投稿の必要はなく、指定した時間に勝手に自動で投稿されます。

おすすめの運用方法

Laterを使った僕なりのおすすめの運用方法を紹介します。

僕は毎日1投稿で運用しているのですが、実際に投稿の作業をしているのは月1回だけです。

無料プランだと1ヶ月のうちに仕込める投稿数は30まで。毎日1投稿をする場合は、投稿を予約できるのは向こう1ヶ月までです。

なので毎月1回、投稿日を決めて、その日に向こう1ヶ月分の投稿をすべて終わらせてしまいます。

ちなみに、Laterには友達紹介キャンペーンが存在し、以下のURLからLaterにご登録頂くと、登録いただいた方と僕の両方に10投稿分が無料で付与されます。

https://later.com/r/5de2ce

月30投稿以上やりたい!30投稿以上の予約を一気にしてしまいたい!という人はこちらから登録してみて下さい!

まとめ

いかがでしたか?

僕はこのやり方で毎日Instagramの投稿を継続しています。

月1回の予約作業で毎日投稿が実現するので、ぜひ試してみて下さい♪

www.urakawatakuya.com