ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【最強のデニム】桃太郎ジーンズの特徴をまとめてみた。

僕はデニムが好きでほぼ毎日履いているのですが、その中でもお気に入りなのが桃太郎ジーンズ。名前は聞いたことあるけど、実際に見たことはない。そんな人も多いと思うので、今回は桃太郎ジーンズにの特徴ついて紹介していきます。

f:id:takuya3924:20160410175546p:plain

桃太郎ジーンズの特徴① 絶対に破れないジーンズ

桃太郎ジーンズはとにかく強いです。「絶対に破れないジーンズ」としてほこたてにも登場したくらいです。


ほこ×たて最強の馬VS絶対に破れないジーンズ

桃太郎ジーンズには、ジンバブエコットンという綿が使われていて、これは世界最高品質の綿といわれるほどの素材です。しなやかさと強さを併せ持った素材として有名で、履き心地はバツグンです。デニムは履きこんで履きこんでいい味を出していくものなので、破れないというのは大事なポイントです。

桃太郎ジーンズの特徴② ジーンズの聖地、岡山で生まれたデニム

岡山県の児島という街に、ジーンズストリートというデニムブランドショップが並んだ場所があります。実は児島はデニムの聖地と呼ばれていて、日本デニム発祥の地と言われています。この桃太郎ジーンズも実は児島デニム。僕ははるばる大阪から岡山の本店まで、桃太郎ジーンズを買いに行きました。

f:id:takuya3924:20160410181409p:plain

桃太郎ジーンズの特徴③ めっちゃ色が濃い!

桃太郎ジーンズのインディゴは、めっちゃ濃いです。最初はブラックデニムかな?と思うくらいの濃さです。色の名前も「特濃インディゴ」という名前がついていて、他のブランドのデニムと比べてもずば抜けて色が濃いデニムです。なので、履きこんで色落ちしてきたときに、色の濃淡がはっきりしてめっちゃいい感じになります。僕は桃太郎ジーンズを履き始めて一年ちょっとが経ちました。最初はなかなか色落ちしなくて不安でしたが、今はめっちゃかっこよく色落ちして毎日履きたいデニムのひとつになっています。

僕の桃太郎ジーンズの色落ちの様子はこちらをご覧下さい。

www.urakawatakuya.com

桃太郎ジーンズの特徴④ 二本線が特徴!

桃太郎ジーンズといえばポケットの二本線ですね。これは「日本」とかけて二本線にしているみたいです。僕は敢えて線の入っていないものを買いましたが、次は二本線のやつを買おうかと思っています。 f:id:takuya3924:20160410175904p:plain

http://www.kodomoto.jp/momotarojeans/archives/472shurui

桃太郎ジーンズの特徴⑤ 10年保障がついている

実は桃太郎ジーンズ、10年保障というものがついています。 ポケットやケツのところはどうしても穴が空きやすかったり、ボタンが取れたり縫いがほどけてきたりと、修理が必要になるときもあるでしょう。しかし桃太郎ジーンズはどの商品にも10年保障がついていて、購入から10年以内であれば無料で修理をしてくれています。このデニムは最強なので10年履いてくださいね、万が一10年以内に故障したら責任を持って修理しますというというメーカーの自信が伺えます。 f:id:takuya3924:20160410180126p:plain

桃太郎ジーンズを買おう!

桃太郎ジーンズは大きく3つの種類があります。細かくは色々と違うんですが、まずわかりやすく違うのはデザインですね。 僕の履いているビンテージレーベルは一番シンプルなデザインです。パット見は何の変哲もない普通のジーンズ。

桃太郎ジーンズ/ビンテージレーベル

桃太郎ジーンズ/出陣レーベル

出陣レーベルはバックポケットの二本線ペイントが特徴です。実は「日本」とかけているみたいです。履きこんでいくとペイントも色落ちしてきてシブいです。

桃太郎ジーンズ/銅丹レーベル

銅丹レーベルはポケットに桃をモチーフにしたステッチが入っています。出陣のペイントほどは目立たないけれど、わかる人にはわかるデザインですね。

桃太郎ジーンズの直営店は、岡山本店の他にも東京の表参道、高円寺にもあります。もちろんウエストとレングスさえ測ればネットでも買えるので、ぜひ一度お試し下さいませ♪

他のデニムの記事も見てね!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com