ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【男の憧れ!】メンズのブーツは、レッドウィングがおすすめ!

メンズブーツの定番といえば、レッドウィング。ティンバーランドやドクターマーチンも定番で、よく履いている人を見かけますが、僕のおすすめはやっぱりレッドウィングですね。

レッドウィングのブーツとは

レッドウィングは、アメリカのRed Wing Cityで生まれた超有名メーカー。レッドウィングのブーツは、アッパーは頑丈な革、ソールは交換可能ということで、いつまでも履き続けることができるブーツとしても言われています。僕はレッドウィングを履き始めてから丸7年になりますが、まだまだ現役で履き続けています。

ちなみに僕が履いているのは、これです。

レッドウィングの経年変化

購入時(0ヶ月)

f:id:takuya3924:20160619180341p:plain

レッドウイング 8166 ラウンドトゥ 国内正規品

買ったばかりの時はこんな感じです。もう7年も前になるので写真は残っていませんが、今見るとおもちゃみたいですね。笑 初めてのバイトの給料で買ったモノがレッドウィングのブーツだったので、大切に履いていこうと心に誓ったのを覚えています。

7年(72ヶ月)

そして、まる7年たった写真がこちらです。

f:id:takuya3924:20160619180731p:plain

f:id:takuya3924:20160619180909p:plain

だいーぶかっちょよくなっていると自負しています。

こういうキズや黒ズミ。

f:id:takuya3924:20160619180826p:plain

最初はつるつるだった甲の部分には深い履きシワ。

f:id:takuya3924:20160619180839p:plain

履く頻度はそんなに多くなかったので、まだ結構キレイなままですが、本当に履きまくっている人であればもっといい味が出ているはずです。

こまめに手入れをして一生履き続けよう!

レッドウィングのブーツは、こまめに手入れをしてあげることで、一生履き続けることができます。ソールはすり減ってきたら交換が可能なので、普段はアッパーの革の手入れをしてあげるといいですね。

レッドウィングの手入れ①まずは紐をほどく

革靴の手入れの基本ですが、まずは靴紐をほどきましょう。

f:id:takuya3924:20160619181210p:plain

レッドウィングの手入れ②ブラッシングでホコリを落とす

ホコリやヨゴレをブラッシングで落としていきます。特に紐の下やソールの隙間などに溜まりやすいので、重点的にブラッシングしていきます。

f:id:takuya3924:20160619181145p:plain

f:id:takuya3924:20160619181328p:plain

ホコリやヨゴレを落とすときはこのようなブラシを使います。少し柔らか目の馬毛ブラシが一般的ですね。

レッドウィングの手入れ③オイルを塗りこむ

次に、オイルを塗っていきます。僕が使っているのはこのミンクオイル。

要らなくなったタオルやTシャツなどの布に10円玉1枚分くらいの量をとり、ブーツに塗っていきます。キズが多いところや乾燥しているところを中心に指でオイルを少しずつ置いていく感じです。

こういうところを中心に塗っていく。 f:id:takuya3924:20160619182846p:plain

レッドウィングの手入れ④ひたすら磨く!

ある程度オイルをブーツにつけたら、次は布でひたすら磨きます。かなり強めでいいです。磨いていくと、ツヤが出てくるのはわかるはずです。布を鷲掴みして、手のひら全体でオイルごしごしを刷り込んでいくイメージです。

レッドウィングの手入れ⑤最後にもう一度ブラッシング

布でのオイルの塗りこみが終わったら最後にもう一度ブラッシングしましょう!最初に使ったブラシでもいいのですが、少し固めの豚毛ブラシを使うのがおすすめです。

あとはこういうセット売りされているブラシを使ってもいいでしょう。

レッドウィングの手入れ⑥完成!

これで手入れ終了です!

左が手入れ済み、右が未手入れのものです。明らかに左の方が艶があってかっこいいですね。 f:id:takuya3924:20160619182811p:plain

両足とも手入れをするとこんな感じ。(ビルケンと一緒にw) f:id:takuya3924:20160619183018p:plain

レッドウイングの手入れは定期的に!

おそらくレッドウイングのブーツを履くのは秋から春先にかけてくらいが最も多いと思います。なので、シーズンに合わせて手入れ頻度を変えていきましょう。

よく履くシーズンは2週間に1回、あまり履かないシーズンは1ヶ月に1回くらいの目安でいいんじゃないでしょうか。ただし、乾燥が目立ってきたなあと思ったらシーズンに関係なく手入れをしましょう。

レッドウィングのブーツを買って、死ぬまで育てよう!

いかがでしたか? レッドウィングのブーツは死ぬまで履けるので、きちんと手入れをして一生履き続けていきましょう!ちなみに、ソール以外は全て革なので、手入れさえしていれば全然臭くなりません。毎日履かない、濡れたらちゃんと乾かす、革の手入れを怠らない、このあたりをしっかりと守れば7年経っても革のいいニオイを保ったまま履き続けることが可能ですよ!

レッドウイングのブーツは、Amazonや楽天で安く買えるので、一生履くと心に決めた方はぜひ買ってみて下さい!

■他にもこんな記事がおすすめです!

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com