ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

両神山・日向大谷登山ルート|東京から日帰りで行けるGW前の百名山を写真44枚で振り返る

f:id:takuya3924:20190506190407j:plain

こんにちは。週末登山家のうらたくです。

2019年4月20日(土)、GW前に秩父にある日本百名山・両神山(1723m)に登ったときの記録です。

ルートがいくつかありますが、今回は最もメジャーな日向大谷ルートから登りました。

川、神社、山小屋、鎖場など色んなコンテンツが楽しめるオススメのルートです。

両神山の3ポイントまとめ

①東京から日帰りで行ける百名山

②標高がそんなに高くないので、4月から春の山を楽しめる

③鎖場や岩場が多く本格的な山道

こんな人に読んでほしい

・春先からアイゼン無しで登れる百名山を探している人

・東京から日帰りで本格的な登山を楽しみたい人

・残雪や川のせせらぎを楽しみたい人

両神山・日向大谷登山ルート概要

f:id:takuya3924:20190506191146j:plain

両神山とは

両神山(りょうかみさん)は秩父にある山で、日本百名山にも選ばれています。

山域は秩父多摩国立公園に含まれており、武甲山、三峰山とともに「秩父三山」の一つに数えられてきました。

「両神」という名前は、イザナギノミコトとイザナミノミコトの二つの神を祀っていることに由来するという説があり、実際に登山道の中にも神社や観音が見られます。

日向大谷登山口までのアクセス

公共交通機関だと、西武秩父駅から西武観光バスで小鹿野町役場へ行き、 小鹿野町営バスに乗り換え日向大谷口で下車します。

今回はマイカーで行きました。

駐車場

あり。50台ほど。無料。

水場

あり。湧き水、山小屋の水道が道中にあります。

川も流れているので、煮沸用の水などはそちらを利用可能です。

コースタイム

【行き】日向大谷口(35分)→会所(1時間)→1083m地点(30分)→清滝小屋(55分)→両神神社 (30分)→両神山山頂

【帰り】両神山山頂(20分)→両神神社(35分)→清滝小屋(20分)→1083m地点(50分)→会所(25分)→日向大谷口

約6~7時間程度

距離

約8.9km

標高・標高差

標高:1,723m

標高差:約1,093m

登った日

2019/4/20

両神山|登山開始!序盤はゆるやかな道を歩く

日向大谷登山口に車を停めて、登山開始です!

f:id:takuya3924:20190506190609j:plain

登山口付近にはこんな感じで花が咲いていました。

f:id:takuya3924:20190506184458j:plain

序盤はゆるやかな登山道を歩いていきます。

f:id:takuya3924:20190506184625j:plain

4月下旬なので、登山口付近はすっかり新緑。ただ、まだ朝方は少し肌寒いくらいです。

f:id:takuya3924:20190506190648j:plain

道はなだらかですが細く、きれいに隊列して山行します。

f:id:takuya3924:20190506190811j:plain

こんな感じで慎重に歩かないといけない道も。

f:id:takuya3924:20190506191001j:plain

岩とコケが映えますね。

f:id:takuya3924:20190506190901j:plain

両神山・序盤戦は基本的にはこのようなゆるやかな山道がメインになります。

両神山|川や鎖場を楽しむ

その中で、たまに現れる鎖場や水場が登山をいっそう楽しくしてくれます。

f:id:takuya3924:20190506184537j:plain

序盤からこんな感じの鎖場がありました。

f:id:takuya3924:20190506190511j:plain

鎖は一人ずつ順番に渡るのが基本。この岩は滑りやすかったので慎重に渡ります。

f:id:takuya3924:20190506184654j:plain

無理な登山はやめよう。

f:id:takuya3924:20190506184725j:plain

こんな綺麗な滝や川も登場します。マイナスイオンたっぷりで癒やされる。

f:id:takuya3924:20190506184802j:plain

橋があると並んで写真を撮りたくなりますよね。

両神山|清滝小屋を目指して

途中の休憩地点、清滝小屋を目指して歩いていきます。

f:id:takuya3924:20190506184835j:plain

たまに観音様がいます。最近は顔をアップにしてポートレート風に撮るのがマイブーム。

f:id:takuya3924:20190506185004j:plain

少しずつ空が見えてきます。

f:id:takuya3924:20190506185124j:plain

飲料水用の水場もありました。

f:id:takuya3924:20190506185233j:plain

間もなく咲きそうな花。

f:id:takuya3924:20190506185044j:plain

もうす清滝小屋です!

両神山|清滝小屋で小休憩

清滝小屋に到着しました。

f:id:takuya3924:20190506185305j:plain

ベンチとテーブルがたくさんあったので、ここで小休憩。

f:id:takuya3924:20190506185337j:plain

小屋は開放されていて、万が一のときはここに避難したり泊まることができそうです。

f:id:takuya3924:20190506185408j:plain

水道もありましたが、この季節はまだ寒く、水が出ませんでした。

f:id:takuya3924:20190506185443j:plain

清滝小屋のすぐ先には大きな岩壁があり、鎖を使って登ることができます。

f:id:takuya3924:20190506191104j:plain

両神山|最後の急登と両神神社

清滝小屋を超えるとあとは最後の急登です。

f:id:takuya3924:20190506185517j:plain

こんな感じでひたすら登っていきます。

f:id:takuya3924:20190506185547j:plain

岩や鎖場も多くなってきます。

f:id:takuya3924:20190506185616j:plain

山頂付近になるとまだこの季節は雪が残っていました。アイゼンは必要がないレベルです。

f:id:takuya3924:20190506185648j:plain

最近は山道の縦向き写真にハマっています。木の高さや道の奥行きが出て好きなんです。

f:id:takuya3924:20190506185720j:plain

両神神社が見えてきました。

f:id:takuya3924:20190506185750j:plain

コマイヌと鳥居。ポートレート風に。

f:id:takuya3924:20190506190539j:plain

岩とコケと木漏れ日。

両神山|山頂と360°の眺望

いよいよ山頂です。

f:id:takuya3924:20190506185932j:plain

山頂付近では団体客で賑わっていました。狭いので順番待ちをして登ります。

f:id:takuya3924:20190506190407j:plain

1723mの山頂に到着。

f:id:takuya3924:20190506190010j:plain

みんなで集合写真を撮ります。足元が岩場で不安定なので、立ち位置が難しい。他の登山客にお願いして撮って頂きました。

f:id:takuya3924:20190506191146j:plain

よくある山頂の立て木も撮影。

f:id:takuya3924:20190506185858j:plain

山頂からの眺望は最高です。こちらは浅間山。

f:id:takuya3924:20190506185823j:plain

一番奥に見える雪山は八ヶ岳です。山頂には救助隊の方が1人でガイドのようなことをされていて、どの山が何なのかを丁寧に教えてくれました。

f:id:takuya3924:20190506190130j:plain

そして空を見上げると飛行機雲が。

f:id:takuya3924:20190506190047j:plain

少し先に進んだところで、浅間山とともに撮影。ちょっと緑多めでミスった。

両神山|山頂でホットサンドランチ

今回は初めてホットサンド作りに挑戦しました。

f:id:takuya3924:20190506190201j:plain

コンビニで買った食材だけで2種類のホットサンドを作りました。

f:id:takuya3924:20190506190229j:plain

①焼きサバときんぴらごぼうサンド

②ツナマヨ、味玉、ミニトマト、とろけるチーズサンド

の2種類。

f:id:takuya3924:20190506190259j:plain

ホットサンドメーカーはフライパンとしても使えるので便利です。

このあとはダラダラと山頂でランチをして、帰路に着きました。

まとめ

いかがでしたか?

両神山はほどよく岩場や鎖場がありながらも、そこまで標高が高いわけでもなく、初心者でも気軽に楽しめる百名山だと感じました。

4月から本格的に登山を開始したいけど、いきなり雪山は辛い。でもある程度高いところまで登って絶景を見たい。そんな事を考えていた中で挑戦した両神山。登って大正解でした。天気もありがとう。

引き続き色んな山に登っていきたいなと思います。ぜひ仲間を探している方とかはご一緒できると嬉しいです!

今回活躍した登山グッズを紹介

最後に、今回MVP級の活躍をした登山グッズを紹介します。

ホットサンドメーカー

まずはホットサンドメーカー。Colemanのものを持っていきました。

持ち手が外せてコンパクトに収納できるので持ち運びも簡単。上下の鉄板も取り外しができるので、フライパンとしても使えます。

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

コールマン(Coleman) ホットサンドイッチクッカー 170-9435

SONY α7ii

次にカメラです。

今回からカメラを新調し、SONY α7iiを購入。

今回のブログに載っている写真も全てこのカメラで撮影をしています。

www.urakawatakuya.com

その他の登山記事も読んで下さい♪

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com