ウラタクブログ

世界一周して東京のスタートアップで働く、滋賀県が大好きな25歳独身男のブログ。

【就活】自己アピールできますか?自己分析が超効率的にできるやり方をお伝えします。

就活生のみなさん、就活の状況はいかがでしょうか? そうですよね、就活といえば自己分析。三度の飯より自己分析。花より自己分析ですね。これだけ自己分析自己分析言われても耳タコになっている人も多いかもしれません。今回は僕が実際にやっていた超効率的自己分析方法をお伝えします。

f:id:takuya3924:20160505182619p:plain

超効率的自己分析でやらないこと

まずは僕が教える超効率的自己分析法ではやらないことをお伝えします。

絶対内定とかやらない

自己分析といえばコレ。というほど多くの就活生に愛されている自己分析にぴったりの本、絶対内定。

もちろん僕も買いました。内容はワークシート形式になっていて、自分の経験や正確などをワークシートにどんどん記入していくというもの。まわりの人とかに聞くと何周も何周もした!という人も結構います。

しかし、なんせ長い!そして本が分厚い!そして紙が安っぽい!そんなこんなで僕は全然続きませんでした。おそらくこの記事を読んでいるということは、みなさんも向いていない可能性が高いです!!とはいえ、ものは試しなので、絶対内定まだ見たこともなかった!という人はとりあえず王道の方法からやってみるのもいいかもしれませんが。

ノートにまとめるとかやらない

同じくノートにカリカリ自分の経験を振り返ったりして順番にまとめていくやりかた。当然僕にはできませんでした。まず学校にまともに行っていなかったので、長時間ペンを持ち続けると疲れますし、何より紙がもったいないです。もちろん、そういうやり方が合う人もいるので、絶対内定買うほどのお金がない人はまずはダイソーに行ってノートとペンを買い、人生を振り返ってみるのもいいでしょう。すぐにダイソーに足を運んでしまう自分について分析してみてください。

そもそも自己分析やりたくない

基本的には自己分析という言葉からは時間をかけて過去を振り返ったり、自分の経験を整理したり、という「ぶっちゃけ面倒くさい」作業をイメージしてしまいます。特に紙とペンを持ってカリカリ机に向かってやる、というのは僕には全く合いませんでした。できるだけ楽をしたいというのが人間の性ですよね。楽しくないことを延々とやっていても辛いだけです。もちろん、好きな人はどんどんやるべきだと思います。

オレ流・超効率的自己分析のすゝめ

では僕が行っていた自己分析方法とは何か?上でも書いた通り、面倒くさいことはやりたくない、というのが僕のスタンスです。

まず、診断テストをやる

まず、簡単なのがこの類のやり方です。とりあえず心理テスト的なものを受けてみて下さい。ある程度社会的に信用のあるもののほうが納得しやすいので、ストレングスファインダーがおすすめです。とりあえずこの本を買って下さい。そこにシリアルナンバーが入っていて、それをwebで入力してからテストを行います。

おそらくある程度納得感の出る結果が出ると思います。だいだいざっくりと自分を客観的に分析するには診断テストはぴったりです。

www.urakawatakuya.com

自分について質問される環境に無理矢理身をおく

これ、いいですよ。選考の面接でもいいし、OB訪問とか先輩と話すとかでもいいです。とりあえず、自分の経験や考えを色々と聞いてくるような人に会ってみてください。その瞬間は、嫌でも自分について考えることになりますし、瞬時に考えて自分の言葉でアウトプットする必要があるので、変に飾らずに素の自分について話せると思います。いかにも自己分析してきました、的な胡散くさい話を用意している学生もいますけど、結局話せてなんぼ。まとまってないなりにも自分の言葉で話しまくる機会を作ったほうが絶対に効率いいし、アウトプットを同時に行えていいと思います。これをサバイバル自己分析と呼びましょう。

同じ経験をしている人の言葉をパクる

これが、一番おすすめ。究極の自己分析方法です。パクリ自己分析法とでも呼びましょうか。何をするかというと、自分同じ経験をしていたり、価値観の近い人の言葉をインプットしまくります。例えば僕であれば、世界一周経験者の本やブログを読みまくる、野球が好きな友達と野球について語る、学生時代一緒に熱いことをしていた仲間と将来や自分について話す、尊敬する人や目標とする人の本や記事を読む。とかです。

例えば世界一周経験者のブログとかを読むと、その人が旅中に考えたこととかがうまくまとめられています。しかも僕が心から共感することばっかりです。日本の良さがわかった、旅での出会い、思い立ったらすぐ行動、とか自分が思ってたようなことが、きれいな言葉になってそこにまとめられています。そういう言葉をパクりましょう。だれかの受け売りでそれっぽく話している人は結構ばれてしまいますが、今回はそれとは別です。なぜなら、嘘じゃないから。なんならその言葉に心から共感しているはずです。なのでちゃんと自分の思いを載せて話せるはずです。ちょっと自分の言いやすいいまわしにしたり、自分の経験に合わせてカスタマイズすれば問題ないですが、最初はだれかの言葉を借りるのが早いし効率的ですよ。自分で色々考えても思いつかなかったような考え方や言葉が見つかることも多いです。もう一度いいますが、大事なポイントは嘘じゃないこと。心から共感できる言葉だけパクってください。

完全に自己分析しようとしない

最後はこれです。20歳そこそこの学生が自分を100%知るなんてほぼ不可能です。しかもだれかが採点するわけでもないので100%自己分析できたかどうかなんてだれにもわかりません。完全に自分を知ろうとするなんて不可能ですし、性格とか考え方はこれからの経験や環境によって変わりまくります。だいたい自分を表す特徴を3~5個くらいちゃんと説明できたらとりあえずオッケー。そのくらいの気持ちでやるくらいがちょうどいいと思いますよ。

自己分析は難しくない!

どうでしたか?僕みたいにめんどくさがりで、カリカリ時間をかけて自己分析するのが苦手だ!という人はぜひ、このやり方を試して見て下さい。

まずはサクッと診断テストからどうぞ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (462件) を見る

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com

www.urakawatakuya.com